(tozaifx_com)東西FXの公式ブログ

海外FX会社(ブローカー)の無料口座開設サポートと言えば、東西FXの公式サイト。使いやすい無料の口座開設サポートサービス、キャッシュバックキャンペーン実施中、詳細情報、新着情報・FXニューズ、FXを学ぶ、無料FXツールを展開で、FXがはじめての方でも安心です。

FX週間レポート (7月第3週)|世界的成長の上昇は、保護主義の恐れと戦っている

FX週間レポート (7月第3週)|世界的成長の上昇は、保護主義の恐れと戦っている

f:id:tozaifx_com:20180716184642p:plain

みなさま、こんにちは!

東西FXリサーチでございます。

今週の為替相場の見通し:

世界的成長の回復の兆し、保護主義の恐れと戦っている。中国と米国の貿易動向は、市場にとって理解するのが非常に困難であることは周知の通りで、貿易戦争の激化がアジア通貨と鉄や鉛などの卑金属が圧力をかけ続けることが懸念されている。今年初めの減速に伴い、世界的な成長は再び勢いを回復させ、市場は救済策を見出していることから日本円を除く他のG10通貨に対する米ドルの回復を食い止めている。

米ドル上昇はまだ完了していないが、政策の相違がピークに近づくにつれてその勢いは緩和されると予想される。 ヨーロッパの成長は、米国の成長の例外論者の推測に反して、緑の芽が生えだしている。弱いユーロ/米ドルに引きずられていたエマージング・マーケット(EM)通貨は最悪の時を超えた可能性がある。

安全通貨としての日本円の見方が疑問視されている。 リスク感情の揺れに対する米ドル/日本円の回復はまごついており、市場のボラティリティが上昇すると日本円が典型的に強くなるといったパターンは見られなくなった。 より高いレベルから米ドル/日本円の売りに注目しており、 次のレジスタンスレベルは113.30と見ている。

ソフトブレグジットの立場による英ポンドへの好影響は、国内の政治的不安の高まりによって相殺されている。 今週は英国の3つの重要なデータ(雇用、インフレ、小売り)が、8月2日のイングランド会議前に発表される。 英ポンド/米ドル のテクニカルサポートは1.3000を維持している。

毎週のマクロ経済のアップデート

月曜日 (7月16日)
• 中国の生産量 –5月の PMI(購買担当者景況指数)からはソフト生産および固定資産投資(FAI)の減速傾向は始まっていない。 政策立案者は、成長を支援し、米国の貿易関税を相殺する措置を取ろうとしている。

火曜日 (7月17日)
• NAHB (全米住宅建設業者協会)調査 – NAHB調査 – 米国住宅市場 感情は、高い住宅ローン利率にもかかわらず依然として肯定的である。 2005-06年のピーク水準をはるかに下回る住宅売買状況である。

水曜日 (7月18日)
• UK & Eurozone CPI (消費者物価指数)- ECB(欧州中央銀行)英国およびユーロ圏のCPI – ECBは、資産購入の終了を正当化するために、インフレの高まりをモニターする必要がある 。ヘッドラインの数字は原油価格によって引き上げられる。
イングランド銀行- 低速インフレにもかかわらずイングランド銀行は、8月に金利引き上げを予定している。

金曜日 (7月20日)
• 日本のインフレ – 依然としてインフレはまだ改善されていない。賃金上昇の兆しが見られるが、これは物価上昇につながる。日銀が措置を取らなければならいないものではない。

経済見通し: 現在の経済発展の最善点はまだ後方にあるが、景気後退が差し迫っていると主張するのは時期尚早である。現在の貿易摩擦の深刻化によって妨げられなければ、低インフレは少なくとも2019年後半まで回復が持続するよう緩い政策が促進されるとみれる。

 全て読むにはこちらをクリック!

https://www.tozaifx.com/weekly-report-20180716

WWW.TOZAIFX.COM 

東西FXリサーチ – 英国EU離脱を控え不安視されるヨーロッパ市場

東西FXリサーチ – 英国EU離脱を控え不安視されるヨーロッパ市場

f:id:tozaifx_com:20180716163706p:plain

文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

英国の欧州連合EU)離脱まであと8ヶ月。世界経済がユーロとポンドの行方を探っている。英政府による欧州連合(EU)からの離脱方針への白書が発表され、2019年3月29日までの短期間で今後の貿易や移民など様々な問題を密接な経済関係を続けることでの解決を期待し協議が加速される。

依然、離脱問題に関しては 賛成派と反対派が政党内での意見を対立させているが、今後党内の強硬派からの反発が強まる恐れもあることからFXトレーダーにとってはリスクへ高への警戒的な姿勢が見られている。

一部のオブザーバーは、不安定な離脱問題解決への引き伸ばしがついに崩壊する時を迎えたとも見ている。また、UBSグローバル・ウェルス・マネジメントでは、 ユーロに対する英ポンドの売却を短期的に勧告している。その理由としてあげられる要素の一つとして、イングランド銀行の次の措置の失望への可能性を指摘している。英国の中央銀行は離脱への国民投票後の2016年8月に利下げと量的緩和の再開し緩和を再拡大しており、2017年11月には、およそ10年ぶりの利上げに転じた。2018年3月22日公表の直近の金融政策委員会(MPC)でも、9名の委員のうち、2名が25ベーシス・ポイントの利上げに票を投じている。

しかしながら、UBSウェルスの英国のエコノミスト、ディーン・ターナー氏は、国内企業はEU離脱の不確実性の中でも回復力があったが、これ以上は厳しいだろうという見方を示している。また、英国とEU間で進められている未解決事項への交渉が長引くことも市場へのリスクにつながると見ている。そこで同行では今後数カ月間は市場への抵抗があると予測し、さらにUniCreditでは市場の崩壊を示唆している。

2016年に英国のEU離脱の可能性が見られた時に、著名投資家のジョージ・ソロス氏が、1992年のポンド危機「ブラック・ウェンズデー」時に起こった 欧州為替相場カニズム(ERM)からの脱退を余儀なくされた際に、ポンドを売り浴びせて巨額の利益を上げた例と比べ、今回のEU離脱は1992年よりも大きな混乱を招くとメディアに語ったことが当時話題になった。また、物価が上昇するとも見た。それに対して離脱派を率いる政治ストラテジストのマシュー・エリオット氏はイギリスの経済成長の低迷はEU加盟とそれにともなく介入が物価高につながったことによるものとして、離脱による週毎の3億5000万ポンドが無くなることから経済的負担も軽減すると述べていた。

2018年1月から3月までの英国経済は0.1%の成長となり、2017年のペースを守持続している。インフレは2016年6月以降に上昇しているが、その後2.4%に落ち着いている。 今年1月の失業率は4.23%が記録され1971年2月から2018年1月までの564つの値での平均失業率は6.30 %である。さらにブラックウェンズデーが起こった1992年時の9.95%の半分以下である.....全て読むにはこちらをクリック!

WWW.TOZAIFX.COM

東西FXリサーチ – ユーロ市場を揺るがす難民問題

東西FXリサーチ – ユーロ市場を揺るがす難民問題

f:id:tozaifx_com:20180716163011p:plain

文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

欧州での移民問題はユーロ為替市場に不安感を与えていた。ついには6月29日に開かれたEU首脳会議では10時間以上にも及ぶ議論にまで熱気が帯びた。移民問題の解決策を為替リスクと捉え、一時ユーロの売りが進むと見られたが、欧州連合ドナルド・トゥスク大統領(欧州理事会常任議長) が移民問題で合意に達したと明らかにしたことで、ユーロ買いの勢いが強まった。29日午前の東京外国為替市場ではユーロが対主要通貨で急伸、EUR/USでは正午で1ユーロ=1.1646~47ドルで、レポートによると前日28日の17時時点に比べて0.0087ドルのユーロ高・ドル安になっている。ユーロは対ドルで1カ月ぶりの大幅高となり投資家のリスクオンが見られた。

イタリア、スペインやギリシャなどを含む地中海に面した国々へは経済的貧窮から逃げ出してくるアフリカ人や内戦から逃れてくるシリアなどからの移民および難民組が後を絶たない。そして難民を一時的にでも収容することによって国費がかさむ受け入れ国。人権が確立されて歴史が長い欧州だが、実際、 (GDP国内総生産の低い国にとっての経済負担は大きい。 IMF(国際通貨)基金の発表によると、2015年に多数の難民が押し寄せたギリシャの昨年度のGDPは 2,000億米ドルで世界第53位、スペインは1兆3,135億ドルで第14位、イタリアは1兆9,378億ドルで世界第7位となっている。

一方、2015年の難民危機時に100万人の移民を先導し、今回欧州連合EU)全体で移民に関する新たな協定の必要性を述べていたメルケル首相率いるドイツはというと、アメリカ、中国、日本 に続くGDP大国で3兆6,848億ドルでの世界第4位である。

ドイツの半分に近いGDPのイタリアは、地中海を渡り到着しやすい立地であることから難民の到着が集中し負担が増していることから不満を持ち、オーストリアと共に今回の移民対策への合意にどのくらい協力するかはまだ明らかにされていない。

一方近隣国のイタリアからからドイツへ移民が流れ込むことを危惧した移民受け入れ反対派内部分裂寸前にまで発展していることから、イタリアの協力体制の不透明性は両国間の衝突リスクとし依然存在し、もし関係がこじれば、イタリアの債券市場は脆弱になるであろうと、ハンブルグを拠点とする銀行Berenbergのアナリストは述べている......全て読むにはこちらをクリック!

WWW.TOZAIFX.COM

FX週間レポート (7月第2週)|保護貿易主義の上昇リスクは依然あり、新たな成長の兆しを見せる

FX週間レポート (7月第2週)|保護貿易主義の上昇リスクは依然あり、新たな成長の兆しを見せる

f:id:tozaifx_com:20180716163333p:plain

今週の為替相場の見通し:

保護貿易主義の上昇リスクは依然として存在するが、米国以外の成長指標は最近の激しいドル高を背景とした米国の成長が例外的かつ短期的であるといった予測に反し、新たな成長の兆しを見せている。

移民問題に対する 妥協案取り入れの予想によってドイツ政府の分離が避けられたことによってEURは支持され、欧州での活動の安定化への期待からドイツの製造工場受注が増加した。1.1720を超えた終値はユーロ/米ドルが 1.2060より手前の1.1870まで強まる可能性を実証している。エマージングマーケット通貨に対するユーロ/米ドル安はすでに最悪の時を抜けた可能性がある。

最近の米ドル高は、外国の中央銀行がよりタカ派になっているため、転換のリスクが高い。対照的に、6月の米国の雇用統計によると、米国経済は、大きなインフレ圧力もなく、トレンドペース以上の成長余地能力があることから、連邦準備制度の強気姿勢の緩和が期待されている。

中国当局は、人民元を利用して通貨戦争を始めないことへの保証が、アジア通貨を救済している。6.7000は米ドル/中国人民元に対する即時抵抗のままであり、 6.6490で支持されており、より長期的な引き戻する可能性は、6.5960に下回ると大幅に強まる。

毎週のマクロ経済のアップデート

火曜日 (7月10日)
• 中国消費者物価指数 -インフレは依然として抑えられている- ゆるい信用政策は制約されていない。 週の通貨データから政策転換の兆候を見る必要がある。

水曜日 (7月11日)
カナダ中央銀行 – 1年前に始まったサイクルの4回目の値上げが設定される。 貿易の脅威から、カナダ中央銀行が躊躇する可能性がある。

木曜日 (7月12日)
• 米国消費者物価指数 – 石油価格は消費者物価指数インフレを3%に押し上げる。 コアインフレ率も上昇し、6月には2.3%の成長を見込んでいる。

金曜日 (7月13日)
• 米国ミシガン大学 – 消費者心理は依然として異常に強い。 インフレ期待上昇の兆候を見守る必要がある。

経済見通し: 現在の経済発展の最善点はまだ後方にあるが、景気後退が差し迫っていると主張するのは時期尚早である。現在の貿易摩擦の深刻化によって妨げられなければ、低インフレは少なくとも2019年後半まで回復が持続するよう緩い政策が促進されるとみれる。

全て読むにはこちらをクリック!

https://www.tozaifx.com/weekly-report-20180709

WWW.TOZAIFX.COM

FX週間レポート (7月第1週)|最近のUSDCNY為替レートの設定は、積極的な通貨介入のリスクが高まる

FX週間レポート (7月第1週)|最近のUSDCNY為替レートの設定は、積極的な通貨介入のリスクが高まる| 東西FX

f:id:tozaifx_com:20180716162624p:plain

みなさま、こんにちは!

東西FXリサーチでございます。

今週の為替相場の見通し:

最近のUSDCNY為替レートの設定は、当局が人民元の急速な弱気感の強まりへ不快感を増していることから、積極的な通貨介入のリスクの高まりを明確に示唆している。弊社では中国は貿易への仕返しにFXを利用するとは思えない。テクニカル分析によるとUSDCNHの6.6100以上の割れに続く6.7000までの上昇傾向に対して警告を発しているが、確信性は低い。

USDは米国貿易方針が結果を見せ出していることから、多少短期での上昇傾向になっている。貿易停戦を強制するために、より多くの市場規律が必要になるかもしれない。 継続的な関税引き下げのリスクは、「株式中心の」アジア通貨を傷つけている中国/アジアの技術サプライチェーンの混乱への懸念を引き起こしている。

欧州連合のリーダーによる移民問題への合意といった驚くべきニュースによって欧州人による活動も収まりEURは安定した。1.1520 / 1.1880の間のEURUSDの不安定な変動の範囲内での取引があり、今のところ保有する可能性が高い。

オーストラリア準備銀行は、7月3日の政策金利を維持し、ニュージーランド準備銀行に対するオーストラリアの準備銀行の関連タカ派が強化による緩和路線への移行の回避を期待している。テクニカル分析では1.0825を目標とし1.0825への下落でAUDNZDを買うことを支持する。

毎週のマクロ経済のアップデート

火曜日 (7月3日)
全国企業短期経済観測調査- 調査によると、景気は依然として非常に良好な状態。
• 中国製造業購買担当者指数(PMI)-貿易摩擦による影響がみられた。 50ベーシス・ポイントを下回るものは、積極的な政策対応への期待を引き起こし、おそらく準備率要求準備率(RRR)削減の形となる可能性がある。

木曜日 (7月5日)
連邦公開市場委員会議事録 – インフレのオーバシュートに対する連邦準備制度の許容範囲へ手がかりを探っている。 おそらく、貿易摩擦、イタリアというリスクに関する議論があるだろう。

金曜日 (7月6日)
• 米国の非農業部門の給与 – 新しい職により月180kが定常(2018年現在までの平均は207k)。3.8%の失業率はすでに50年ぶりに低くなっている。 賃金データは、市場に最も大きな影響を与える可能性がある。

経済見通し: これまでのところ、利回りは依然として低いことから6つのFRBの 利上げにより経済的痛みは少なかったが、いくつかの脆弱な新興市場のストレスが強まった。 金融政策は先進国市場の幅広い範囲で引き締められているため圧力は続くとみられるが、全体的には及ばないだろう。

全て読むにはこちらをクリック!

https://www.tozaifx.com/weekly-report-20180702

WWW.TOZAIFX.COM

 

 

東西FXリサーチ – 先行き不透明な中米貿易摩擦

東西FXリサーチ – 先行き不透明な中米貿易摩擦

f:id:tozaifx_com:20180716162313p:plain

文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

アメリカは中国から同国への投資制限を間近に控えている。6月24日にトランプ政権は中国資本が25%以上入っている企業を対象に、「産業上重要な技術」を持つ米企業の買収を禁じる規制強化案を検討していると報じられた。 29日には 米財務省による投資制限の発表が予定されている。

6月25日のニューヨーク株式市場は、両国の貿易摩擦の激化を懸念し大幅に反落し、ドル売りが進みダウ平均の下げ幅は一時、500ドル近くに達している。アメリカは今年4月にも中国からの輸入品600億ドル(約6兆4000億円)相当への追加関税の制裁を発表している。このため、さらに2国間の緊張が高まりをみせている。これら制裁には猶予が与えられているが、FXトレーダーにとって世界トップの経済大国である中国と第2位のアメリカの貿易摩擦はつねに追う必要がある。

ドル円相場への影響

一方、対中制裁関税の原案を公表前の3月も中米貿易が緊迫しドル安が進むと見られたが、3月26日に一時1ドル=104円56銭付近までドル安・円高が進行しており、その後緩やかにドル高・円安方向に反転していることから、三井住友アセットマネジメントでは米中貿易摩擦問題に対する過度な懸念は、いったん後退しただろうとも語っていた。

しかし、アメリカの中国への投資制裁は今後どのように市場に影響していくのか不透明だ。

投資制限導入の可能性

米中貿問題は過去の摩擦の蓄積から現在の制裁発動に至っている。巨大化する世界トップ経済国である中国がアメリカのみならず世界の先端技術を次々に同国へ持ちこむその勢いは留まりをみせることがない。アメリカのみならず、EU首脳会議は昨年6月に、中国国有企業による投資の審査を検討することで合意し、フランスとドイツ、イタリアは、中国による投資を阻止する権限をEUに与える案を支持している。

Dealogicによると2017年の中国のアウトバウンドM&Aは、年間1,410億ドルとなり、米国の1608億ドルを追い越す勢いだった。しかしながら、対米投資額は、バラク・オバマ米大統領の任期の最終年だった2016年の460億ドル(史上最高)以降、2017年には290億ドルに落ち込み、今年は5月末時点でわずか18億ドルにまで減少しているとメディアで報道されている。この背景には徐々に進められていた中国資本流入の牽制がみられる。

今年1月、対米外国投資委員会は中国のアリババの子会社であるアントファイナンシャル(前アリペイ)による米国拠点の送金運営会社であるMoneyGramの買収を拒否した。アリババの運用資産2100億米ドル(約230兆円)の運用資産を持つ世界最大と言われるイーコマース運営会社にも投資制限がかけられている。

一方、海外での継続的かつアグレッシブな主力産業や技術の取得の中、中国は自国への外資にさらに門戸を広げている。中国は2017年1月、中国・国務院は外資導入の促進を図ることを目的として、『対外開放を拡大し積極的に外資を利用することに関する若干の措置についての通達』している。しかしながら、気になる点は、今まで外資のネガティブリストにあった主力産業などの航空、自動車産業などでも、あくまで自国の技術が及ばない、または今後の成長の促進を必要とされる領域での海外資金の受けは可能であることが明確に示されていることだ。

中国における他の先進国とのM&A摩擦は今後も為替市場におけるリスクとして常に念頭に入れなければならない。......全て読むにはこちらをクリック!

WWW.TOZAIFX.COM

FX週間レポート (6月第4週)|米中貿易戦争が引き起こす中国サプライチェーン混乱の可能性

FX週間レポート (6月第4週)|米中貿易戦争が引き起こす中国サプライチェーン混乱の可能性

f:id:tozaifx_com:20180716161820p:plain

みなさま、こんにちは!

東西FXリサーチでございます。

今週の為替相場の見通し:

米国の関税率の現実が、アジア圏、中国における深刻なサプライチェーン混乱の可能性が高まっている。影響は、ウォン安、シンガポール・ドルSGD)、タイ・バーツ(THB)およびニュー台湾ドル(TWD)。

世界的な株式がマイナスになる毎に、米ドルの強さが恒常的に見えるが、先週のイングランド銀行ノルウェー中央銀行の強気姿勢の影響は少なかった。フィラデルフィア連邦準備制度の調査では、貿易緊縮がより具体的に米国の成長に圧力をかけているようである。GBPUSDのサポートは、1.3130 〜 1.3350ドルの横ばい取引を好む。

欧州PMIの安定化は、米国以外の成長を遅らせ、EURUSDへの追い風となる懸念は排除すべきとの見方がある。1.1430 〜 1.1880ドルの間で不安定な取引が成立する可能性がある。

ニュージーランドの成長率は降下を続けており、6月28日のニュージーランド準備銀行の会合において金利変動の可能性がさらに高まっている。NZDUSDのサポートは、0.6845ドルのすぐ下、さらに低い0.6740ドルまで検証するだろう。 当社はAUDUSD0.7330ドルの強いサポートの前に、 マイナス面を積極的に追いかけることに注意を払っている。

毎週のマクロ経済のアップデート

水曜日 (6月27日)
• 米国の耐久財 – 米国の投資増加は、厳しい労働市場での自然な対応だ。耐久財の受注高は一桁台の高水準。

木曜日 (6月28日)
• ユーロ圏の消費者物価指数(CPI) – コアインフレは依然として勢いを増している。金利は、エネルギーコストによって押し上げられるべき。 欧州中央銀行(ECB)は、インフレ率が目標を大幅に下回ったとしても、年末までに量的緩和を終了する予定だ。

金曜日 (6月29日)
• 日本の雇用 – 他の国と同じように、失業率は過去10年間で過去最高を記録している。インフレにはまだあまり影響を与えていない。
• 米国の個人消費支出デフレ – コアインフレは5月に1.9%まで上昇する見通し。米連邦準備理事会(FRB)は、穏当なインフレのオーバシュートに耐えられるよう準備している。 2019年の2.1%予測を上回る可能性が高い。

経済見通し: 今のところ、6つの連邦準備金利の引き上げは、金利が依然として低いため、決定的なダメージとはなっていないが、脆弱であるいくつかの新興市場への圧力が強まっている。 金融政策は先進国市場の幅広い範囲で引き締め傾向だが、根強いものではなく、圧力は続くとみている。

全て読むにはこちらをクリック!

https://www.tozaifx.com/weekly-report-20180625

WWW.TOZAIFX.COM